無料
エロ
動画
野外露出調教は、公然わいせつと背中合わせの危険な快楽。罪に問われず、安全かつ刺激的に野外露出という果実の甘美な味を楽しむ。
この「野外露出調教の快楽」は、成人向けです。18歳未満の方は読んではいけません。すぐにブラウザを閉じてください。 【RSS 1.0】
掲載されている情報を閲覧・実行することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負いかねます。くれぐれも、自己責任においてお読みください

露出の嗜好と服装

 「あなたにとっての野外露出」でも少し触れたが、実際に見せるための露出なのか、そうでないのかによって、服装の傾向も自ずと決まってくる。
 
 見せるといっても、陰部を堂々と見せられはしない。下着を許さずに、見えてしまうかもしれないギリギリの服装をさせ、人目のある場所を歩かせるといった方向が一つ。これの場合、ミニスカートやタンクトップなど、いわゆる露出度の高い服装になる。
 
 若い子の場合、派手な服装をさせてもいいが、熟女になるとこちらが意図するのと別の羞恥を生んでしまうことがある。「年甲斐のない格好をして」という感覚だ。スタイルのいい熟女であっても、それを恥じる気持ちは相当に強いようだ。
 
 見せることが目的でない場合は、地味で目立たない服装をさせることになる。そして、人に見られる心配のない場所に行って、半裸または全裸にして野外露出を楽しむ。
 
 その場合も、山の中のように人がいそうにない場所なのか、公園のように人がちらほらといる場所なのか、映画館のように人はたくさんいるが、暗くて見えない場所なのかによって異なってくる。
 
 基本はスカートだろうが、丈が必ずしも短い必要はない。捲り上げればいいのだし、状況次第では脱がせたっていい。ズボンが野外露出に適さないのは、慌てると穿くのが難しいことと、ひざ辺りまで下げた時、後ろから見て分かってしまうためだ。
 
 服の形は大人しめだが、透けて見えるという露出の方向もある。重ね着用の裏地のないワンピースを直に着ると、角度によっては尻の形がはっきりと見える。また、薄い色のTシャツを素肌に着せると、乳首の尖っているのがよくわかる。
 
 実際には、それらを状況に合わせて組み合わせることになるが、夏は虫対策や日焼け予防を考えておく必要がある。また、冬に長時間の野外露出をすると、パートナーに風邪を引かせてしまいかねないので、露出する時の他は、努めて温かくする工夫が必要となる。
 
「露出の嗜好と服装」 is posted to 野外露出調教の快楽
at 2011/04/03(日) 16:22:26 | 服装
 野外露出は、第三者に見られなければ罪にはあたらないものの、わいせつな行為を目撃されると罪になります。親告罪ではありません。実行を勧めはしませんが、もしも露出調教をするなら、危険を自覚し自己責任において十分に下調べをした上で、他者の目に触れないように行いましょう。



copyright © 2010 野外露出調教の快楽 all rights reserved.
野外露出調教の快楽
QLOOKアクセス解析
close