無料
エロ
動画
野外露出調教は、公然わいせつと背中合わせの危険な快楽。罪に問われず、安全かつ刺激的に野外露出という果実の甘美な味を楽しむ。
この「野外露出調教の快楽」は、成人向けです。18歳未満の方は読んではいけません。すぐにブラウザを閉じてください。 【RSS 1.0】
掲載されている情報を閲覧・実行することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負いかねます。くれぐれも、自己責任においてお読みください

走る車の助手席で露出

 中に乗っている人間が思っている以上に、自動車の車内は外からは見えにくい。窓ガラスの反射もあるし、ドアがついたてになって下半身は、歩行者やすれ違うドライバーたちからはほとんど見えないといっていい。
 
 つまり、大抵の場合は下半身を露出していても、周囲に知られる心配はないということでもある。特に助手席側はドアに遮られて、進行方向左側の歩道から見えることはまずない。右側の歩道からも、ドライバーのハンドルに掛けた腕に遮られて見えにくい。

 また、信号待ちの時も、ダッシュボードがあるため、目の前の横断歩道を渡る人たちからも見えない。すぐそこに人がいる中で女性に下半身を丸出しにさせ、前を向かせて歩行者に顔を見せながらオナニーさせるのは刺激的だ。
 
 ナビゲーターの下半身が見えるアングルは、大きく二つある。一つは、進行方向左側にある建物の2階以上の窓から。もう一つは、進行方向右側にいる車高の高い車の運転席からである。
 
 前者は丸出しの下半身に気づかれてすぐに、ナンバープレートを見て覚えられる危険がある。それと、信号待ちをしている時は、左斜め上から誰かにじっと見られていないかに、十分な注意を払う必要がある。
 
 右側からの視線は、トラックやバスからのものになる。トラックの車高も様々だが、長距離用の大きいものは運転席が本当に高い位置にあるため、助手席の女性の下半身まで見ることが出来る。ダッシュボードがあるため、すれ違う瞬間だけ隠せば大丈夫だが、かなりのスリルが味わえる。
 
 危ないのは、高速の追い越し車線などで右側から追い抜かれる時だ。特にバスが追い抜こうとしているのを気づかずに露出していると、多くの乗客から丸見えという状態になりかねない。なので、2車線以上ある道路での助手席露出は、そこに注意すべきである。
 
 1車線の道路で信号待ちしている場合、自分たちの右側の道から左折車が曲がってくる時も危険である。対向車とすれ違う場合に比べて、互いの相対的な速度が格段にゆっくりであるため、恥毛から陰唇までたっぷり見せてしまうことになりかねない。
 
 
 基本的に性器を見られてはならないし、見せて相手の運転手を事故させてはならない。まあ、それを言うなら、ずり上がったミニスカートで助手席に乗っている女性に罪はないのかという論議にもなるが、ショーツを穿くということは女陰を見せる意思はないと言えるのかもしれない。<よくわからない。
 
 大事なのは、助手席で露出している女性に、顔を伏せることを許さないこと。どこに誰の視線があるかをしっかりと見ていることは、本人の安全のためにも重要だ。ただ、美人は注目を浴びてしまい、普通ならすぐに離れる視線がまとわり付いてきて、結果的に下半身を見られてしまうこともある。
 
 その意味では、サングラスを掛けさせておく方がいいだろう。ただ、サングラスを掛けていること自体が、注目を浴びる要素の一つであるというジレンマはあるけれども。
 
「走る車の助手席で露出」 is posted to 野外露出調教の快楽
at 2011/04/18(月) 11:49:57 | 場所
 野外露出は、第三者に見られなければ罪にはあたらないものの、わいせつな行為を目撃されると罪になります。親告罪ではありません。実行を勧めはしませんが、もしも露出調教をするなら、危険を自覚し自己責任において十分に下調べをした上で、他者の目に触れないように行いましょう。



copyright © 2010 野外露出調教の快楽 all rights reserved.
野外露出調教の快楽
QLOOKアクセス解析
close