無料
エロ
動画
野外露出調教は、公然わいせつと背中合わせの危険な快楽。罪に問われず、安全かつ刺激的に野外露出という果実の甘美な味を楽しむ。
この「野外露出調教の快楽」は、成人向けです。18歳未満の方は読んではいけません。すぐにブラウザを閉じてください。 【RSS 1.0】
掲載されている情報を閲覧・実行することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負いかねます。くれぐれも、自己責任においてお読みください

嫌悪と恥じらいと恐怖

 やや逆説的だが、調教という言葉を「自分の思い通りに躾ける」と解釈することは、弊害の方が大きいと感じる。辞書には「動物を目的に応じて訓練すること」とある。目的とは何かを最初に考え、それに沿って行動する場合、自分の性的嗜好が必ずしも指針になるとは限らない。
 
 とはいえ、常に主として振る舞い、従者を調教し育てるにはかなりのエネルギーを要する。その動機が、自分の性的欲望であるのは関係の性質から自然である。つまり、従者を自分が満足できる存在に育てたいという想いが、調教を行う直接の動機となる。
 
 「調教」という言葉はサラブレッドの育成過程でも使われるが、それは馬の適性を相談しながら行われる。甘やかし過ぎては、馬の素質を開花させることはできない。一方で、自分がしたい形に押し込もうとしすぎては、馬の良さを殺してしまうことになる。
 
 この兼ね合いというか、時々の見極めが調教師の器量なのだと思う。もちろん性欲や嗜虐欲とは異質だろうが、それぞれの調教師の中に、理想の競馬馬は存在するだろう。SMでいうならば、インナー・スレイブがそれに当たるのかもしれない。
 
 野外露出は、SMの文脈でのみ行われるものではない。女体の美しさを称え、肌に感じる風や陽光の快さをイメージさせ、お前の裸を他の男に自慢したいんだと掻き口説く。その中で行われる和やかな野外露出もある筈だ。
 
 私は、女性が野外露出の実行を躊躇うのは、嫌悪と恥じらいと恐怖、この三つの理由からではないかと思う。つまり、「私は変態じゃない」と「そんな恥ずかしいことは出来ない」と「実際にして、○○になるったらどうしよう」である。
 
 誠意を持って当たれば、嫌悪はたいてい払拭できる。ほとんどの女性は、愛する人の前では素直になれるから。恥じらいも同様。その壁を崩すには、「そんな大胆な姿を見せてくれるのは、ぼくに対してだけだね。わかっているよ」というメッセージを送り続けることだ。
 
 さて、問題は三つ目の恐怖の克服である。相手が何を怖がっているのか、それを見極める必要がある。そして、恐怖は一つではないことも多い。多重に絡み合った怖さを一つ一つ解決してゆくことが、野外露出の実現には不可欠だといえる。
 
「嫌悪と恥じらいと恐怖」 is posted to 野外露出調教の快楽
at 2011/04/12(火) 00:00:12 | 調教方法と手順
 野外露出は、第三者に見られなければ罪にはあたらないものの、わいせつな行為を目撃されると罪になります。親告罪ではありません。実行を勧めはしませんが、もしも露出調教をするなら、危険を自覚し自己責任において十分に下調べをした上で、他者の目に触れないように行いましょう。



copyright © 2010 野外露出調教の快楽 all rights reserved.
野外露出調教の快楽
QLOOKアクセス解析
close