無料
エロ
動画
野外露出調教は、公然わいせつと背中合わせの危険な快楽。罪に問われず、安全かつ刺激的に野外露出という果実の甘美な味を楽しむ。
この「野外露出調教の快楽」は、成人向けです。18歳未満の方は読んではいけません。すぐにブラウザを閉じてください。 【RSS 1.0】
掲載されている情報を閲覧・実行することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負いかねます。くれぐれも、自己責任においてお読みください

駐車場での露出

 車の中を野外と呼ぶかは微妙なところだが、一応は個室状態になっているため、女性にとって心理的なハードルが低い。つまり、野外露出に不慣れな女性向けの場所であるといえる。
 
 他人に見られそうだというスリルを味わいながら、実際には見られずに済むというのが、野外露出スポットの条件だが、それに適う駐車場は大きく二つのタイプがある。
 
 一つは、大規模なショッピングセンターなどの中や地下にある、自走式の屋内駐車場。これは野外露出というより、異常な場所での性行為や露出という方が正しいが、本格的な露出のための経験ステップとしても効果的に働く。
 
 こうした駐車場内は照明が暗めであるのと、大抵の利用者は他の車にはほとんど注意を払っていないことから、何気ない顔でフェラチオをさせたり、下半身を剥き出しにさせることが出来る。窓にスモークの貼られた車の方が、当然ながら安全性は高まる。
 
 
 もう一つは、開けた場所にある駐車場で、付近に高い建物がない場所。例えば、郊外にある森林公園の駐車場などがこれにあたる。特に平日には、こういう駐車場は閑散としていることが多い。
 
 ただ、中にはシートを倒して休憩をしているドライバーもいるので、着いたらさりげなく散歩するなりして、近くの車に人がいないかを確かめた方がいい。
 
 大規模な屋内駐車場では、静止画の撮影がかなり難しい。フラッシュを焚くと、非常に目だってしまうからだ。しかし、こういう郊外の駐車場でなら、静止画はフラッシュを焚く昼用がないし、動画も自由に撮れるというメリットがある。
 
 以上は昼間の話だが、夜間は事情が全く別になる。車の中から外の様子がわかりにくい夜は、野外露出は避けた方がいいだろう。以前に、カーセックスのメッカだった公園で、セックス中の車に忍び寄り、いきなりフラッシュを焚いて撮影した写真が、ネットに流れたこともある。
 
 野外露出にリスクはつきものだが、パートナーにサングラスを掛けさせ、自分も掛けておく等の用心も、状況によっては必要だろう。それにも増して、適切な場所選びと、事前に何度か足を運んでおく慎重さが求められる。
「駐車場での露出」 is posted to 野外露出調教の快楽
at 2011/04/06(水) 13:52:46 | 場所
 野外露出は、第三者に見られなければ罪にはあたらないものの、わいせつな行為を目撃されると罪になります。親告罪ではありません。実行を勧めはしませんが、もしも露出調教をするなら、危険を自覚し自己責任において十分に下調べをした上で、他者の目に触れないように行いましょう。



copyright © 2010 野外露出調教の快楽 all rights reserved.
野外露出調教の快楽
QLOOKアクセス解析
close