無料
エロ
動画
野外露出調教は、公然わいせつと背中合わせの危険な快楽。罪に問われず、安全かつ刺激的に野外露出という果実の甘美な味を楽しむ。
この「野外露出調教の快楽」は、成人向けです。18歳未満の方は読んではいけません。すぐにブラウザを閉じてください。 【RSS 1.0】
掲載されている情報を閲覧・実行することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負いかねます。くれぐれも、自己責任においてお読みください

自然公園での露出

 市街地の公園は人目も多く、他人の目に触れるリスクが大きい。また、付近に高いマンションなどがあることが多く、どこから見られているかわからないため、公然わいせつの危険という観点からも野外露出には向いていない。

 その点、郊外の自然公園や森林公園は面積も広く、他者の視点がほぼ同一平面からに限定されるため、こっそり露出をさせる環境として適している。逃げるための複数経路の確保もしやすい。

 服装はミニスカートや前開きワンピースが向いているが、森林公園などには場違いなため、周囲の注意を惹きつけ過ぎてしまうことがある。フレアなロングスカートや、最近流行のショートパンツという選択肢もあるが、刺激という点ではやや劣ってしまう。

 ミニスカの場合、公園内の急な階段を上らせるというプレイもできる。野外露出の楽しみの大半は、露出そのものではなく女性の恥らう姿なのだから、チラ見えのスリルを楽しむのがよい。もちろん、人通りにはくれぐれも気をつけて。

 公園の種類や立地にもよるが、平日の午前中とかに行くと、ほとんど人がいないこともよくある。逆に、休日には家族連れも多い。遊び場の傍での野外露出は、子どもたちに万が一にも見られてはならないことを考えれば、やはり避けるべきだろう。

 平日の公園は、ボランティアの高齢者が掃除をされていることもよくある。誰もいないと思って裸になったら、思わぬところから熊手を片手におじさんが出てきてパニックということもあるので、事前に十分な下調べをしておく必要がある。


「自然公園での露出」 is posted to 野外露出調教の快楽
at 2012/01/28(土) 15:56:04 | 場所
 野外露出は、第三者に見られなければ罪にはあたらないものの、わいせつな行為を目撃されると罪になります。親告罪ではありません。実行を勧めはしませんが、もしも露出調教をするなら、危険を自覚し自己責任において十分に下調べをした上で、他者の目に触れないように行いましょう。



copyright © 2010 野外露出調教の快楽 all rights reserved.
野外露出調教の快楽
QLOOKアクセス解析
close