無料
エロ
動画
野外露出調教は、公然わいせつと背中合わせの危険な快楽。罪に問われず、安全かつ刺激的に野外露出という果実の甘美な味を楽しむ。
この「野外露出調教の快楽」は、成人向けです。18歳未満の方は読んではいけません。すぐにブラウザを閉じてください。 【RSS 1.0】
掲載されている情報を閲覧・実行することで生じたすべての問題、損失、損害について、当サイトは一切責任を負いかねます。くれぐれも、自己責任においてお読みください

自然公園での露出

 市街地の公園は人目も多く、他人の目に触れるリスクが大きい。また、付近に高いマンションなどがあることが多く、どこから見られているかわからないため、公然わいせつの危険という観点からも野外露出には向いていない。

 その点、郊外の自然公園や森林公園は面積も広く、他者の視点がほぼ同一平面からに限定されるため、こっそり露出をさせる環境として適している。逃げるための複数経路の確保もしやすい。

 服装はミニスカートや前開きワンピースが向いているが、森林公園などには場違いなため、周囲の注意を惹きつけ過ぎてしまうことがある。フレアなロングスカートや、最近流行のショートパンツという選択肢もあるが、刺激という点ではやや劣ってしまう。

 ミニスカの場合、公園内の急な階段を上らせるというプレイもできる。野外露出の楽しみの大半は、露出そのものではなく女性の恥らう姿なのだから、チラ見えのスリルを楽しむのがよい。もちろん、人通りにはくれぐれも気をつけて。

 公園の種類や立地にもよるが、平日の午前中とかに行くと、ほとんど人がいないこともよくある。逆に、休日には家族連れも多い。遊び場の傍での野外露出は、子どもたちに万が一にも見られてはならないことを考えれば、やはり避けるべきだろう。

 平日の公園は、ボランティアの高齢者が掃除をされていることもよくある。誰もいないと思って裸になったら、思わぬところから熊手を片手におじさんが出てきてパニックということもあるので、事前に十分な下調べをしておく必要がある。


「自然公園での露出」 is posted to 野外露出調教の快楽
at 2012/01/28(土) 15:56:04 | 場所

走る車の助手席で露出

 中に乗っている人間が思っている以上に、自動車の車内は外からは見えにくい。窓ガラスの反射もあるし、ドアがついたてになって下半身は、歩行者やすれ違うドライバーたちからはほとんど見えないといっていい。
 
 つまり、大抵の場合は下半身を露出していても、周囲に知られる心配はないということでもある。特に助手席側はドアに遮られて、進行方向左側の歩道から見えることはまずない。右側の歩道からも、ドライバーのハンドルに掛けた腕に遮られて見えにくい。

 また、信号待ちの時も、ダッシュボードがあるため、目の前の横断歩道を渡る人たちからも見えない。すぐそこに人がいる中で女性に下半身を丸出しにさせ、前を向かせて歩行者に顔を見せながらオナニーさせるのは刺激的だ。
 
 ナビゲーターの下半身が見えるアングルは、大きく二つある。一つは、進行方向左側にある建物の2階以上の窓から。もう一つは、進行方向右側にいる車高の高い車の運転席からである。
 
 前者は丸出しの下半身に気づかれてすぐに、ナンバープレートを見て覚えられる危険がある。それと、信号待ちをしている時は、左斜め上から誰かにじっと見られていないかに、十分な注意を払う必要がある。
 
 右側からの視線は、トラックやバスからのものになる。トラックの車高も様々だが、長距離用の大きいものは運転席が本当に高い位置にあるため、助手席の女性の下半身まで見ることが出来る。ダッシュボードがあるため、すれ違う瞬間だけ隠せば大丈夫だが、かなりのスリルが味わえる。
 
 危ないのは、高速の追い越し車線などで右側から追い抜かれる時だ。特にバスが追い抜こうとしているのを気づかずに露出していると、多くの乗客から丸見えという状態になりかねない。なので、2車線以上ある道路での助手席露出は、そこに注意すべきである。
 
 1車線の道路で信号待ちしている場合、自分たちの右側の道から左折車が曲がってくる時も危険である。対向車とすれ違う場合に比べて、互いの相対的な速度が格段にゆっくりであるため、恥毛から陰唇までたっぷり見せてしまうことになりかねない。
 
 
 基本的に性器を見られてはならないし、見せて相手の運転手を事故させてはならない。まあ、それを言うなら、ずり上がったミニスカートで助手席に乗っている女性に罪はないのかという論議にもなるが、ショーツを穿くということは女陰を見せる意思はないと言えるのかもしれない。<よくわからない。
 
 大事なのは、助手席で露出している女性に、顔を伏せることを許さないこと。どこに誰の視線があるかをしっかりと見ていることは、本人の安全のためにも重要だ。ただ、美人は注目を浴びてしまい、普通ならすぐに離れる視線がまとわり付いてきて、結果的に下半身を見られてしまうこともある。
 
 その意味では、サングラスを掛けさせておく方がいいだろう。ただ、サングラスを掛けていること自体が、注目を浴びる要素の一つであるというジレンマはあるけれども。
 
「走る車の助手席で露出」 is posted to 野外露出調教の快楽
at 2011/04/18(月) 11:49:57 | 場所

駐車場での露出

 車の中を野外と呼ぶかは微妙なところだが、一応は個室状態になっているため、女性にとって心理的なハードルが低い。つまり、野外露出に不慣れな女性向けの場所であるといえる。
 
 他人に見られそうだというスリルを味わいながら、実際には見られずに済むというのが、野外露出スポットの条件だが、それに適う駐車場は大きく二つのタイプがある。
 
 一つは、大規模なショッピングセンターなどの中や地下にある、自走式の屋内駐車場。これは野外露出というより、異常な場所での性行為や露出という方が正しいが、本格的な露出のための経験ステップとしても効果的に働く。
 
 こうした駐車場内は照明が暗めであるのと、大抵の利用者は他の車にはほとんど注意を払っていないことから、何気ない顔でフェラチオをさせたり、下半身を剥き出しにさせることが出来る。窓にスモークの貼られた車の方が、当然ながら安全性は高まる。
 
 
 もう一つは、開けた場所にある駐車場で、付近に高い建物がない場所。例えば、郊外にある森林公園の駐車場などがこれにあたる。特に平日には、こういう駐車場は閑散としていることが多い。
 
 ただ、中にはシートを倒して休憩をしているドライバーもいるので、着いたらさりげなく散歩するなりして、近くの車に人がいないかを確かめた方がいい。
 
 大規模な屋内駐車場では、静止画の撮影がかなり難しい。フラッシュを焚くと、非常に目だってしまうからだ。しかし、こういう郊外の駐車場でなら、静止画はフラッシュを焚く昼用がないし、動画も自由に撮れるというメリットがある。
 
 以上は昼間の話だが、夜間は事情が全く別になる。車の中から外の様子がわかりにくい夜は、野外露出は避けた方がいいだろう。以前に、カーセックスのメッカだった公園で、セックス中の車に忍び寄り、いきなりフラッシュを焚いて撮影した写真が、ネットに流れたこともある。
 
 野外露出にリスクはつきものだが、パートナーにサングラスを掛けさせ、自分も掛けておく等の用心も、状況によっては必要だろう。それにも増して、適切な場所選びと、事前に何度か足を運んでおく慎重さが求められる。
「駐車場での露出」 is posted to 野外露出調教の快楽
at 2011/04/06(水) 13:52:46 | 場所
 野外露出は、第三者に見られなければ罪にはあたらないものの、わいせつな行為を目撃されると罪になります。親告罪ではありません。実行を勧めはしませんが、もしも露出調教をするなら、危険を自覚し自己責任において十分に下調べをした上で、他者の目に触れないように行いましょう。



copyright © 2010 野外露出調教の快楽 all rights reserved.
野外露出調教の快楽
QLOOKアクセス解析
close